《ビーストチルドレン》ネタバレ1話感想考察!→2話

ビーストチルドレン ネタバレ 1話 感想 ビーストチルドレン
k10
k10

4連新連載のうちの第3弾

(・ω・。)ノ

サムライ8、ふたりの太星に続いた3作目の新作。

今注目のラグビーマンガということで、どうなっていくのでしょうか?

ビーストチルドレン1話のネタバレや考察をやって行きますよ。

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!巻頭カラー

世界3大競技大会

オリンピック

サッカーワールドカップ

そして全世界40億人が熱狂する命を賭けた戦い

「俺の息子がいつか世界共をぶっ倒す!!」

そう宣言する男がいた。

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!唯一のラグビー部

真っ白な世界でラグビー雑誌を読む少年が1人いた。

主人公の獅子ヶ谷桜である。

彼がふと現実世界に意識を戻した時、2時間目かと思ったらすでに放課後になっていたのだった。

k10
k10

どれだけ集中して読んでるの∑(゚Д゚)

そこで話しかけてきた少年が空。

サッカー部の彼と一緒に部室向かう桜。

ラグビー部の部室はサッカー部に間借りしてる状態だった。

部員は桜1人だけ。

周りに変な奴と思われようとも、熱中していた。

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!桜と空

部活が始まった。

サボってきた空が桜の下にやってくると、桜が1人でラグビーボールを蹴っていた。

そこで冗談ぽく、ラグビー部に入ろうかな、と言う空。

タックル練習くらいなら付き合うぜ

と言う申し出も、桜は断った。

「空じゃ本気でぶつかれない」

そう言うと、空は自分のサッカー部へ戻っていった。

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!師匠との出会い

数年前のこと。

特に興味はなかったが、偶然見に行ったラグビーの試合で桜は驚愕するのだった。

世界が震えている

フィールドでは、日本のエース一樹雄虎が血を流しながらも敵を抑え、勝利に吠えた。

ドザン

そんなフィールドに落下して血を流す桜。

k10
k10

夢中になり過ぎて落下したんですね( ͡°ʖ ͡°)

そんな桜に雄虎は近づいてきて話しかける。

「夢中だな、前のめりになるよな、わかるわー」

「笑とけボウズ、そうすれば痛みなんて吹っ飛ぶもんよ」

そんな彼に、痛くないのかと桜が聞く。

「痛えよめちゃくちゃ、だけどそれが最高(いい)んだ」

「ぶつかるのがラグビー(オレ達)だからよ」

そう言って雄虎は満面の笑みを浮かべる。

知りたきゃいつか来い、この場所へ!

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!初めての遭遇

ラグビーをやろうにも、小さい子供がやれる場所は周りにはなかった。

桜ボールだけ買ってもらった。

それからラグビーは桜だけの世界だった。

誰も入れない世界。

そのはずだった。

その日1人の少年がその中に入ってきた。

ラグビーボール型の重りを持った彼は、1度だけ桜に蹴り方を教えてくれた。

彼の名前はユキト。

桜が彼に一緒にラグビーをやりませんかと言う頃には、もうその姿はなかった。

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!ふたたびのユキト

その話を学校の教室で空にする桜。

大学生っぽい人に教えてもらったと。

するとプリントを届けに来た1人の生徒が同じような雰囲気をしていた。

「あー!!ユキト君!!」

それは紛れもなく本人だった。

k10
k10

大学生に見える中学生って相当でかいですね( ˙³˙)

桜を見たユキトはその場から逃げ出す。

「君とラグビーなんてやるものか」

おいかける際に、生徒指導やくざ有本の前を走ってしまうの桜だったが、空のファインプレーで切り抜ける。

屋上で追いついた。

本気でぶつかれそうだ、そう言う桜に対して、

救いようのない価値観だな大っ嫌いだ

そう返すユキト。

時代遅れのラグビーに取り憑かれ、フィールドで死んじまった大バカ野郎、一樹雄虎と似ている、そう桜に言ってやるユキト。

「ししょーを馬鹿にするな!」

そう食い下がる桜に対して、愚かさを教えてやると言って、昨日会った河川敷に行くことになるのだった。

k10
k10

なんやかんやでラグビーができる流れになりましたね^o^

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!河川敷の決戦

雨の中集まった2人。

ルールは簡単、5メートル四方の四角の中で、5分以内にユキトにぶつかり倒せば勝ち。

先手必勝で突っ込む桜だったが、完全にかわされてしまう。

k10
k10

やっぱりユキトはとてつもない実力者( ゚∀゚)

そこにやってきたのが、ランニング中のサッカー部。

空は桜を見つけると、ランニングを抜け出して見守るように身をひそめるのだった。

めっちゃむかつくのに、同じ位ワクワクする、すっげーなユキト君。

そう感じる桜。

一体どうすれば全て上の彼に勝つことができるのか?それを考えて桜は、考えたって無駄なことに気づく。

そしてもうユキト以外何も見えなくなった桜。

呼吸をする手間すら惜しんで、突っ込んでいく。

ピピピピッ

桜は、アラームと同時にユキトを倒した。

 

非日常的な衝撃

オレと君だけ世界が震えている

 

桜は、どさっと倒れたまま動けない。

その場から立ち去るユキトは、悔しさを隠せないでいた。

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話!戦いの後に

隠れて見守っていた空が出てきて、手を貸してくれる。

k10
k10

テキトーそうに見えて、いい友達ですね(*゚∀゚*)

オレラグビーしたよ!

めっちゃ痛くてさぁ全身ズキズキなんだよ!

それでさ、ぶつかるって最高だった

空はそんな心から楽しそうにする桜を見て泣いていた。

 

帰宅後、空はユキトの正体を知る。

<故・一樹雄虎の子息である一樹雪兎>

教えてやんなきゃなそう思う空だった。

 

『オレ達が世界を倒すなんて、まだ誰も知らない』

そう語りが入ってビーストチルドレン1話が終了。

>>《ビーストチルドレン》ネタバレ全話まとめ

《ビーストチルドレン》ネタバレ1話 まとめ

ついに新連載が始まりましたね。

雪兎は、自分を残してプレーの中で死んでいった父を激しく嫌いつつも、ラグビー自体は続けているようですね。

一樹雄虎と言う同じ1人の男から影響を受けながらも、真逆の考え方を持ちになった2人が、世界を目指すラグビー漫画といったところでしょう。

ここからは、部員を集めていく流れになるでしょうね。

設定としては特に目新しいものはありませんが、面白くはあるので、ここからの展開に期待ですね。

 

>>《ビーストチルドレン》ネタバレ2話

コメント