《ふたりの太星》ネタバレ1話感想考察!→2話

ふたりの太星 ネタバレ 1話 感想 ふたりの太星
k10
k10

令和の新連載第2弾ψ(`∇´)ψ

前作のデビリーマンでは、画力がちょっと残念でしたが、前作より画力が格段に上がったとの噂も!?

将棋マンガふたりの太星1話のネタバレ感想考察をやって行きますよ!

《ふたりの太星》ネタバレ1話!巻頭カラー

巻頭カラーは双子の胎児の様子、そして双子に見える2人の成長後の描写となっていました。

k10
k10

この真相はこの先でわかっていきますよ(^o^)

《ふたりの太星》ネタバレ1話!天才将棋少年

物語は夜の路上でギターを持つ少年の描写からスタート。

そこに酔っ払いが絡んできて、新聞に出てるじゃないかと天才将棋少年天童太星の記事を見せてくる。

太のやつもうそんなとこまで、俺が先に有名になると思ってたのに、と涙を流していた。

k10
k10

この時点ではそっくりさんか何かと思いましたね( ˙³˙)

場面は太星の通う王座中学校へ。

中学校の掲示板でも新聞の記事が大々的に掲載されていた。

早朝の将棋部、将棋盤を前にして太星は座っていた。

時間でーすと言って幼なじみの春川奏が入ってくる。

棋譜を見てはっと何かに気づく奏。

「うん、せーちゃんとの対局さ」

「もう5年も待ってるんだ」

そう太星は言った。

k10
k10

せーちゃんと言うのは2人の共通の友達でしょうか? 5年も待ってるってどういうこと?

ただ太星これほど面白い将棋は無いとすら感じていた。

《ふたりの太星》ネタバレ1話!太星の秘密

教室で日記のようなものを書く太星。

しかし、誰かに宛てた手紙のようにも見える。

k10
k10

そんな太星はクラスの女子の人気者みたいですねー

路上ライブしているヤバいやつがいるとクラスで話題になっていて、「せーちゃんだね」と喜ぶ太星と奏。

k10
k10

最初に出てきた太星に間違えられてた彼ですよね( ゚∀゚)ノ

放課後

ただいまと声を合わせて言う太星と奏。

2人はお隣さん同士。

それぞれ部屋に戻った2人。

太ちゃんおやすみと奏は言い、太星の方は眠りについた。

そして夜にまた目覚める太星。

「おはよう星ちゃん」

奏の呼び方が違うのには理由がある。

 

 

 

 

天童太星は昼と夜で人格の変わる、二重人格者だった。

昼間書いてたのはふたりの交換日記と言うことだった。

《ふたりの太星》ネタバレ1話!夜の星ちゃん

奏は、久しぶりに将棋を刺さないかと星ちゃんを誘うも、ここは俺のこと居場所じゃないと断られてしまう。

そのかわり、俺の居場所へ招待してやると、奏を誘う。

行ってみると、星ちゃんは酷い歌を歌っていた。

k10
k10

もはや騒音(゚д゚)

聴いている人も奏しかいなかったが、そこに集まってくる人たちがいた。

下手くそと言いつつも集まり、宴会のようにどんちゃん騒ぎ。

星ちゃんの話で盛り上がり、ついつい長居してしまった奏。

《ふたりの太星》ネタバレ1話!奏が危ない

急いで帰らなきゃと夜初めて通る道に入る奏。

雰囲気が違うなと感じていた。

案の定、ユーチューバー(?)であるゲッターズに狙われてしまう。

奏が困っていると、そこに駆けつけたのは星ちゃんだった。

不意打ちのギターによる強打で、一人を潰す。

しかし勝てる訳ではなく、ボコボコにされ、ギターも折られてしまうのだった。

プロ試験を明日に控えるのに、ケガをしてしまったことを謝ろうと2人は決めた。

折れてしまったギターを見ても何も感じない星ちゃん。

将棋をやめて色々とやってみても、結局何をやってもつまらないのだと言う。

「空に太陽があれば俺の居場所もわかるんかな」

《ふたりの太星》ネタバレ1話!プロ試験の対局!

プロ試験初日。

太ちゃんは、遅刻して、しかもケガをして対局へ臨むことになる。

ケガの多かった星ちゃんですが、将棋を指す右手だけは決して傷つけることはしないと言うことを太ちゃんは分かっていた。

k10
k10

今回も頭や顔にケガをしていますが、右手は綺麗なもんです(゚∀゚)

そして対局が始まった。

長考を繰り返し、その指し方は普段の太ちゃんとは明らかに違っていたのだった。

太ちゃんは、自分が将棋を始めた頃を思い出していた。

自分が一手目を指し、寝て起きると次の一手が指されていた。

星ちゃんが夜のうちに指していたのだ。

その日からふたりは、1日一手ずつ指しあっていった。

4歳から始めて5年間、指しあった局数は29。

その結果は太ちゃんの0勝29敗。

k10
k10

星ちゃん強すぎΣ(-᷅_-᷄๑)

ケガの影響も少なからずありそうな太ちゃん。

「今日は初めて君にワガママを言うよ」

そういって意識を飛ばすのだった。

そして目が覚めたのは星ちゃんだった。

目の前の局面は、5年前の最後ふたりの対局の局面と一緒。

きっと将棋が君の居場所なんだ、そんな太ちゃんからのメッセージを受け取った星ちゃんは、涙を流し次の一手を打つのだった。

『おかえり。』

>>《ふたりの太星》全話ネタバレ

《ふたりの太星》ネタバレ1話 まとめ

新連載となったふたり太星。

巻頭カラーとかをみると絶対双子のマンガだなって感じだったのに、二重人格だったとは。

画力も高く、斬新な設定のため人気が出るでしょう。

ただ、長期で連載を続けてしまうと、マンネリ化してしまう内容でもあるので、引き延ばすことなく綺麗にまとめてくれたら良いなぁって思いますね。

>>《ふたりの太星》2話ネタバレ

コメント