《鬼滅の刃》ネタバレ173話感想考察!新たな力の手がかり

鬼滅の刃 ネタバレ 173話 感想 考察 鬼滅の刃
k10
k10

玄弥はどうなる!?

前回の鬼滅の刃172話では玄弥が黒死牟の刀のかけらを口にしましたね。

訪れる変化は一体?

鬼滅の刃173話のネタバレを中心に感想や考察をやっていきますよ!

《鬼滅の刃》ネタバレ173話!新たなステージ

岩の呼吸 伍ノ・・・

行冥が技を放とうとしたところ、黒死牟に上書きされてしまうのだった。

月の呼吸 拾陸ノ型

「月虹・片割れ月(げっこう・かたわれづき)」

黒死牟の剣閃が行冥に降り注ぐ。

k10
k10

拾陸って(-。-;

技の多さもさることながら、自分が技を出す直前に攻撃されることに、違和感を感じる行冥。

神通力でも使っているのか?

この鬼は何を見ている?

しかし、疑問に思いながらも前向きに考える。

鬼は人間の形が変貌したもの

鬼ができるなら人間にもできる

極限まで刮目しろ!!

黒死牟の猛攻に晒されながらも、深く考える。

ドクン

ドクン

ドクン

ドクン

すると、黒死牟の脈動をはっきり知覚できるようになる行冥。

もしやこれが!!

《鬼滅の刃》ネタバレ173話!時透、決死の猛攻

まだ役に立てるうちに・・・急げ!!

時透は走る。

それを見た行冥と実弥。

時透の意図を汲み取り、同時に攻撃を仕掛ける。

それを見ても、

これで同時に仕留められる

と冷静な黒死牟。

k10
k10

どんだけ余裕だよ(´⊙ω⊙`)

月の呼吸 拾肆ノ型

「兇変・天満繊月(きょうへん・てんまんせんげつ)」

広範囲に月の斬撃を飛ばす。

その攻撃をかいくぐり、数珠をぶつける行冥。

自らの視界をかいくぐった事に驚く黒死牟。

その隙を確実につく3人。

塵旋風・削ぎ

実弥の技が黒死牟を退かせ、行冥の鉄球が右半身をえぐる。

そして、右足を斬り落とされながら、時透が黒死牟の体に刃を突き立てるのだった。

k10
k10

時透がボロボロすぎる

ギリギリに一撃での致命傷を避けた時透。

それを見てさらに驚く黒死牟。

私の攻撃を・・・手負いの子供が

そこでハッと気づく黒死牟。

その時透の目が自分と同じ世界を見ているのだと悟のだった。

それは行冥も同じことだった。

さらに行冥は、その力を逆手に取り、黒死牟を撹乱することに成功していた。

しかし、実際に首に刃が届くことはなかった。

謀りも撹乱も、わかってしまえば意味もなし

そう言ってさらに技を放とうとする。

月の呼吸 拾陸ノ型

《鬼滅の刃》ネタバレ173話!玄弥、撃って!

何としても刀だけは話さない時透。

それを玄弥は物陰から銃を構えて見ていた。

撃っていい

構わなくていい

絶対に躊躇するなよ

時透に言われたそんな言葉を思い出す玄弥。

玄弥の銃を見ると、黒死牟の刀のような目がいくつも浮き出ていた。

k10
k10

ほぼ鬼化(;OдO)

ドン

ガガガガガ

技を繰り出そうとする黒死牟に炸裂するのだった。

《鬼滅の刃》ネタバレ173話!まとめ

行冥が身につけ始めてる力って、相手の脈動を透視して次の動きを予想するという感じですかね。

それに、せっかく抉った右腕も気づいたらすぐもと通りになってるし・・・

あと、時透が痛めつけられ過ぎでしょ。

腕切り落とされて今度は足なんて・・・

それでも刀を突きつけ続けるのはすごいですね。

玄弥はもうほとんど鬼。

ギリギリつなぎとめられているって感じでした。

あとちょっと精神的に何かがあると、完全に鬼側に言ってしまう最悪の展開が待っていそうです。

鬼滅の刃174話に続きます。

《鬼滅の刃》ネタバレ172話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ174話

コメント