《鬼滅の刃》ネタバレ174話感想考察!弟は最強の鬼殺隊!?

鬼滅の刃 ネタバレ 174話 感想 考察 ネタバレ
k10
k10

銃が炸裂ψ(`∇´)ψ

前回の鬼滅の刃173話では、ほぼ鬼化した玄弥の一撃を黒死牟に叩き込むことができましたね。

黒死牟に通用するのでしょうか?

鬼滅の刃174話のネタバレを中心に感想や考察なんかもやっていきますよ。

《鬼滅の刃》ネタバレ174話!前話の感想まとめ

鬼滅の刃173話の反応をまとめましたよ〜

 

《鬼滅の刃》ネタバレ174話!久しい感覚

完全に防いだはずの銃弾が、自らの体にめり込んできたことに驚く黒死牟。

ただ、玄弥の姿を見て察する。

そして木の根を使って拘束され、確信に変わる。

「やはり血気術」

自分の髪と刀を吸収されたことに気付くのだった。

k10
k10

ちょっと油断しすぎましたね( ˙³˙)

拘束された状態で迫ってくる行冥。

黒死牟は

生命が脅かされ、体の芯が凍りつく

そんな感覚を感じるのだった。

「平静が足元から瓦解する感覚」

「忌むべき、そしてなつかしき感覚」

「400年ぶりの」

《鬼滅の刃》ネタバレ174話!老いた弟

400年前にさかのぼる。

その日は赤い月の夜だった。

そこには、老いた弟の姿があった。

継国 縁壱つぎくに よりいち 双子の弟」

k10
k10

双子の弟がいたんですね( ・_・)

最後に会ってから60年以上経過しており、人間の縁壱は、齢八十を超えていた。

黒死牟は、縁壱が痣を発現してるにも関わらず、その年まで生きていることに驚きを隠せずにいた。

「 お労しや兄上」

鬼に成り下がった兄に、涙を流して哀れみの目を向ける縁壱。

哀れまれたことに憤りは感じなかった黒死牟。

逆に、かつて感情を見せなかった弟が、涙を流している様を見て、生まれて初めてこみ上げてくるものがあったのだ。

その感情に困惑する。

しかし次の瞬間、この感情は吹き飛ぶのだった。

ズシン

刀を構える縁壱。

ズアア

縁壱は圧倒的威圧感を放っていた。

「参る」

一瞬で切り裂かれた黒死牟。

首から大量の血を流す。

k10
k10

じいさんつえぇぇぇ(゚◇゚)

何故お前がいつも特別なのか

お前だけがこの世の理の外側にいる

焼き尽くすような嫉妬感が黒死牟を支配していた。

お前が憎い

殺したい

しかし黒死牟には、次の一撃で首を切られるという確信があった。

それほどまでに縁壱の技は神の領域だったのだ。

しかしその一撃が放たれることはなかった。

縁壱は寿命が尽き、直立したまま死んでいたのだ。

《鬼滅の刃》ネタバレ174話!まとめ

かつての黒死牟は、弟に劣等感を強く感じていたんですね。

鬼になった理由に、それも大きそう。

痣のもので生き長らえられた者がいると、行冥に言われた時に思い浮かべたのが、この弟ということみたいですね。

死ぬ直前まで全盛期だったのはどういう事なのでしょうか?

痣を発現して生き長らえると、そういった力が持てるといった感じに思えますね。

とにかく痣の謎は深まるばかりです。

次回はまた、現在の戦いが描かれそうですね。

鬼滅の刃175話に続きます。

公開が待たれますね!

《鬼滅の刃》ネタバレ173話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ175話

コメント