《鬼滅の刃》ネタバレ175話感想考察!黒死牟の頚に届く!

鬼滅の刃 ネタバレ 175話 感想 考察 ネタバレ
k10
k10

黒死牟の頚に迫るψ(`∇´)ψ

前回の鬼滅の刃174話では玄弥の力と黒死牟の過去が描かれました。

初めて黒死牟が危機を感じていましたね。

どんな展開が待っているのでしょうか?

鬼滅の刃175話のネタバレや感想ですよ〜

《鬼滅の刃》ネタバレ175話!巻頭カラー

縁壱があと一瞬長く生きていたら死んでいた

その屈辱を何百年も味わい続けた黒死牟。

黒死牟は、最も優れた剣士が死んだ今、負けるわけにはいかない、そう誓っていた。

そうだ

このような醜い姿になってまで

勝ち続けることを選んだのだ

私は

k10
k10

やっぱり嬉々として鬼になったわけじゃ無いんですね( ˙³˙)

《鬼滅の刃》ネタバレ175話!折れない黒死牟

気迫のこもった黒死牟の咆哮。

それと同時に無数の斬撃が皆を襲う。

全身から刀を生やし、その刃の数だけ攻撃を放ったのだった。

《鬼滅の刃》ネタバレ175話!鬼殺隊の意地

時透「まずい死ぬ、何の役にも立ってない…」

玄弥「守る…みんなを守…る…」

玄弥は半身を切り落とされていた。

そんな中、行冥と実弥はボロボロになりながら黒死牟に迫る。

それを見ていた時透。

あの二人が死んではだめだ

みんなのためにもこの二人を守らなければ

と覚悟を決める。

俺が

死ぬ

前に

すると、時透の刀が赤く変色するのだった。

ビキキ

その刀は黒死牟に内臓を焼かれるような激痛を与える。

その一瞬の隙を見逃すはずがなかった。

ガキイッ

実弥の刃が黒死牟の頚に届いた。

玄弥は先ほど打ち込んだ銃弾が黒死牟の体の内部にあることに気づく。

血鬼…術…

死にかけの体で決死の技を放った玄弥。

メギイ

黒死牟から木の根が生える。

そして、黒死牟の技を封印することに成功する。

ゴッ

行冥は頭上から鉄球を直撃させる。

洗練された行冥の武器は黒死牟を確実に蝕んでいた。

ぐぅアアア

ぬァアアアア!!!

それでも黒死牟の頚は落ちない。

久方ぶり身の危険を感じ取る黒死牟は考えていた。

赤い刃・・・

縁壱と同じ・・・

《鬼滅の刃》ネタバレ175話!後継

黒死牟の回想に入る

後継はどうするのか?

我らに匹敵する実力者がいない

極めた技が途絶えてしまうぞ

そんな風に縁壱にいう黒死牟。

自分たちを別格だと捉える黒死牟に対して、弟縁壱は違っていた。

私たちを凌ぐ才能が今この瞬間も生まれている

彼らがまた同じ場所まで辿り着くだろう

私たちはいつでも安心して人生の幕を引けばよい

冷静沈着な縁壱だった。

k10
k10

縁壱の方が兄貴感がある

回想終わり

ギャキィ

実弥が行冥の鉄球に刀を振り下ろす。

ぶつかり合ったところから赤く変色していくそれぞれの武器。

ドゴン

次の瞬間、黒死牟の頚が落とされるのだった。

浮き立つような気持ちになりませんか?

兄上

これから生まれてくる子供たちが

私たちを超えて

さらなる高みへと

登りつめてゆくんだ

《鬼滅の刃》ネタバレ175話!まとめ

ついに黒死牟の頚が落ちましたね。

黒死牟ならまだ死んでないとかやりそうですが、四人で頚を落としたというのが大きいですね。

玄弥が死にそうなのがまずい((((;゚Д゚)))))))

半身を切り落とされた上に、最後の力で血鬼術を放ったので、もうとっくに限界を超えているはずです。

あと、黒死牟の回想で若き日の縁壱が登場しましたが、その耳には炭次郎と同じ耳飾りが。

耳飾りの侍はやはり縁壱で確定ですね。

最強の剣士であることは確信に近いです。

この先の展開も目が離せませんね。

鬼滅の刃176話に続きます。

 

《鬼滅の刃》ネタバレ174話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ176話

コメント