《鬼滅の刃》ネタバレ177話感想考察!圧倒的天才

鬼滅の刃 ネタバレ 177話 感想 考察 ネタバレ
k10
k10

ついに完全に倒した!?

前回の鬼滅の刃176話のラストで自らの醜さに気づき、完全に消えたかのように見えた黒死牟。

上弦ノ壱は本当に戻ってこないのでしょうか?

鬼滅の刃177話のネタバレが中心となります!

《鬼滅の刃》ネタバレ177話!前話の感想まとめ

鬼滅の刃176話の反応をまとめましたよ〜

ツイッターでの皆さんの感想を載せていきます!

《鬼滅の刃》ネタバレ177話!詳細

今回は全て回想です。

嫉妬心

人を妬まないのは運がいいだけ

神の寵愛を一身に受けたものに出会ったことがないだけ

縁壱のことを考えながら、そう思う黒死牟。

全てを焼き尽くすほど強烈で鮮烈な

太陽の如きものに・・・

哀れな弟

さらに昔の回想シーンへ。

双子の黒死牟(巌勝)と縁壱。

双子は跡継ぎ争いの原因となるため忌み嫌われていた。

弟の縁壱は十歳を迎えたら、寺へ出家させることに決まったのだった。

そして双子の兄弟の間で、扱いが全く違った。

そのせいもあってか、母親離れができない縁壱。

母の左にいつもぴったりくっついていた。

k10
k10

左ってのが注目(-_-φ

黒死牟は、そんな弟を見て哀れみを覚えた。

ある時、縁壱に与えられている3畳の部屋を訪れ、笛を作って渡してやった。

しかしその時も一切の表情を浮かべない縁壱。

さらに7つになるまで声を発したこともなかった。

周囲の人達は耳が聞こえないのだと考えていた。

違うとわかったのが7歳の時。

素振りをしていると音もなく忍び寄ってきた縁壱。

そしてこう言った。

兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?

しかもその顔は満面の笑みだったのだ

弟の実力

その時から、自分も侍になると言い出す縁壱。

母親を見ればすぐにしがみつくようなやつが侍になれるはずない、そう考えていた。

しかしあれ以来、剣を教えて欲しいとうろちょろしてくる縁壱。

そこで指南役だった父の配下が、軽く教えて打ち合いをすることに。

本当に軽く伝えただけだった。

しかし瞬く間に4発撃ち込まれ配下は失神した。

これまで自分は彼から一本も取れなかったのに…

本当の差

それ以来、侍になりたいとは言わなくなった。

人を打った感覚が不快だったのだという。

縁壱の強さの秘密をどうしても知りたい黒死牟。

言いよるとよくわからないことを言っていた。

どうやら生物の体が透けて見えるのだという。

生まれ持った特別な視覚

それを戦いに利用できる身体能力

それを生まれながらに持っていた縁壱。

これまで哀れんでいたはずの存在は、自分よりも圧倒的に優れていたのだった。

別れ

私には剣の才能があった。

研鑽すればするほど 強くなることが実感できた。

しかしそれは、圧倒的才能を持った者からしたら、亀の歩みに他ならない。

ただ、その才能は望む者には与えられない。

縁壱は剣の話は常につまらなそうだった。

黒死牟は焦燥感に駆られるようになった。

家を継ぐのは縁壱

立場が逆転する

10歳になったら出家させられてしまうのだ

侍になる夢は叶わない

そう考えながら寝室で一人寝ていると、縁壱が報告をしてくる。

母が死んだと。

そして今から寺へ発つと言い出す縁壱。

かつて渡したいびつな笛を大事そうに懐にしまって、荷物も持たずにどこかへ行ってしまった。

母の日記

母の日記を見た。

それによると、兄の代わりに跡継ぎにされると気づき、縁壱は予定よりずっと早く 寺へ行くことにしたらしい。

母の病や死についても、縁壱はわかっていた。

母は何年も前から左半身が不自由になっていた。

左半身・・・

左・・・・・

そう、縁壱は母にしがみついていたわけではなく、病の母を支えていたのだった。

それを理解した時、縁壱という天才を心の底からから憎悪した。

《鬼滅の刃》ネタバレ177話!まとめ

幼少期がだんだんと明らかになってきましたね。

圧倒的才能はこの頃から溢れ出ていました。

そして、滾るような嫉妬心の始まりでもあったということみたいです。

寺に出されてしまった縁壱ですが、後に双子揃って侍となっているので、何かあったはずですね。

次回は今回の続きとして、回想が描かれるはず。

鬼滅の刃178話に続きます。

《鬼滅の刃》ネタバレ176話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ178話

コメント