《七つの大罪 神々の逆鱗》インデュラは強いの?デリエリとモンスピートがインデュラ化

七つの大罪 神々の逆鱗 アニメ アニメ

七つの大罪 神々の逆鱗でデリエリとモンスピートがインデュラへと変身しました。

この記事では、そんなインデュラについて詳しく解説していきますよ!

《七つの大罪 神々の逆鱗》インデュラの強さ

インデュラの強さがわかるのは3000年前の聖戦。

十戒のデリエリとモンスピートは、四大天使の強さに全く届いていませんでした。

k10
k10

四大天使は十戒二人分の強さみたい

圧倒的戦力差を感じた二人は、インデュラ化を決意します。

そしてインデュラになった二人。

すると、明らかな戦力差があった四大天使のサリエルとタルミエルを、今度は逆に圧倒するのでした。

さらに、四大天使長のリュドシエルすらも、一方的に攻撃するほどに。

ここで、エリザベスによってインデュラ化が解かれてしまい、これ以上の強さが見られないですが、あのまま行っていたら、聖戦がどうなっていたかは分からない。

そのレベルで強かったですね。

《七つの大罪 神々の逆鱗》インデュラ化はどうやる?

インデュラ化には条件があります。

上位魔神であること

上位魔神であり、心臓を7つ持つことが必要です。

そしてその心臓のうち6個をささげ、闇と契約を交わすことで、インデュラ化するのです。

闘級5万以上

インデュラ化の変化に対応するためには、闘級5万以上が必要とのこと。

デリエリとモンスピートは、それを満たしてたってことですね。

基準が闘級なのも少し変な気がしますが・・・

《七つの大罪 神々の逆鱗》インデュラ化した魔神族

これまでインデュラ化したと判明しているのは3人。

デリエリとモンスピート

そしてもう一人は、バルージャ。

かつてのガランの同胞の魔神族でした。

3000年前の聖戦よりもずっと前の話ですね。

 

また、登場こそしていないものの、十戒がインデュラ化した成れの果て「主恩」。

「灰燼」、「星霜」「怨嗟」「遠雷」「業報」などと呼ばれる存在が魔界にはいるみたいです。

設定みたいなので、登場することはなさそうですね。

>>七つの大罪アニメが見放題<<

⬆️過去作までまとめて⬆️

《七つの大罪 神々の逆鱗》インデュラまとめ

自我を犠牲にしてとてつもない力を手にするインデュラ化。

強くなるわけですよ。

この先、敵として現れることもあります。(アニメでは描かれなそう)

何かあったら更新しますね。

*2019年10月時点の情報なので

詳しくはU-NEXTのホームページをチェック!

コメント