《七つの大罪 神々の逆鱗》光の聖痕(スティグマ)とは?目的や構成員に迫る!

七つの大罪 神々の逆鱗 アニメ アニメ

3000年前の聖戦において組織された対魔神族連合

それがスティグマですね。

七つの大罪 神々の逆鱗にも登場しました。

今回はそんなスティグマに迫ります!

《七つの大罪 神々の逆鱗》光の聖痕(スティグマ)の目的は?

スティグマの目的は単純明快。

魔神族を討ち亡ぼし聖戦に勝利することです。

そのために組織された、女神族を中心とする4種族連合ですね。

《七つの大罪 神々の逆鱗》光の聖痕(スティグマ)の構成員

スティグマのメンバーについても見てみましょう。

大まかには、

女神族

妖精族

巨人族

人間族

この4種族ですね。

主要メンバーを紹介します!

メリオダス

k10
k10

早速違うやつ

メリオダスは魔神族、それも十戒のトップですが、エリザベスのため女神族側で戦います。

スティグマメンバーだったんですね。

メリオダスが女神族側に移ったことで、聖戦は大きく動きました。

エリザベス

最高神の娘であり当然と言えます。

女神族での扱いも相当上。

四大天使ですら「様」をつけて読んでいます。

強さのわかる戦闘シーンは少ないですが、回復や少ないシーンをみても、実力者であることは間違い無いですね。

四大天使

リュドシエル、サリエル、タルミエル、そしてマエルの4人が四大天使です。

女神族側の主力と言えるでしょう。

3000年前の聖戦で登場するのはマエル以外の3人になります。

グロキシニア

妖精王

初代ですね。

キングと同じ妖精王ですが、現時点でのキングよりはるかに強いです。

妖精族のトップとして参戦です。

ドロール

巨人族の王。

こちらもディアンヌとは大きな力の差があります。

巨人族のトップとして当然参戦です。

ロウ

3000年前の人間です。

力は他の種族に及びませんが、スティグマメンバーに途中からなりました。

k10
k10

バンにそっくり

ただ、スティグマの中に入った人間たちは、秘密を隠していたのでした・・・

《七つの大罪 神々の逆鱗》光の聖痕(スティグマ)は情け容赦なし

3000年前の聖戦の最中、とある村がスティグマによって滅ぼされました。

原因は傷ついた魔神族を一人保護していたこと。

それを聞きつけたスティグマは、その魔神だけでなく、そこにいた人間も村も蹂躙したのです。

スティグマ、ひいては女神族の残忍さ情け容赦のなさが現れてますね。

この行為がさらなる惨劇に続くのでした

《七つの大罪 神々の逆鱗》光の聖痕(スティグマ)が現代に復活

3000年の時を経て現代に復活した女神族。

四大天使によって、スティグマが再編されることになったのです。

規模は全く違いますが、これで再びの聖戦開幕となってしまいます。

現代のスティグマは、七つの大罪と盟約を結び共に戦うことになります。

>>七つの大罪アニメが見放題<<

⬆️過去作までまとめて⬆️

《七つの大罪 神々の逆鱗》光の聖痕(スティグマ)まとめ

いかがでしたか?

スティグマがもう一度組織されることは流石に無いでしょう。

対魔神族組織光の聖痕(スティグマ)について紹介しました!

*2019年10月時点の情報なので

詳しくはU-NEXTのホームページをチェック!

コメント