《サムライ8 八丸伝》ネタバレ5話感想考察!→6話

サムライ8 八丸伝 5話 ネタバレ 感想 考察 サムライ8 八丸伝
k10
k10

さてさて今週もサムライ8 八丸伝をがっつりみていきましょう!

今回のサムライ8 八丸伝は第5話

早速サムライ8 八丸伝5話のネタバレ・感想・考察をやっていきますよ〜

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ5話!いざアジトへ

訓練にワクワクな八丸。

その頃達麻は隠し扉の奥に隠された馬侍のホルダーを見つける。

k10
k10

早太郎の馬版みたいな奴( ˙³˙)

達麻によると、侍のホルダーはただのホルダーとは違いキーホルダーと呼ぶとのこと。

よし行くぞと気合を入れる八丸が達麻をチラッと見ると

スーピーと音を立てて寝ていた。

k10
k10

前も良く寝てたような・・・

そんなこんなで出発した2人。

キーホルダーのことをよく知らない八丸が達麻に聞くと

「キーホルダーは侍にとっての相棒以上だ」

「詳しくはまたアジトでな…」

と返ってきた。

休憩を挟みつつ2人が飛び続けていると、2体の大きな石像が見えてきた。

そして、その隙間の奥がアジトである。

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ5話!侍の戦い方

それを聞いた八丸と早太郎が先行すると、石像が動いて阻まれてしまう。

そんな異常事態に達麻に助けを求めるが、またしても寝てしまっていた。

k10
k10

これなんか原因があるかも( °_°)

毎回寝ている達麻に怒りがピークに達する。

「ダルマ師匠改めダメな師匠!そう呼ぶ!」

そう言ってばかりではいられない状況のため八丸は反撃を試みる。

ギィンッ

しかしながら、八丸の刃は硬い体に傷をつけることができない。

そこに、飛んでくる達麻。

「ダメな師匠!!」

k10
k10

本当に呼んでる( ՞ਊ՞)

金剛夜叉流「剣腕(ケンワン)」

刀の一突きで巨体を押し倒す。

「侍はこう戦う」

そう言って達麻は、ただの刀を仕舞い、自らの侍魂を腹から取り出し刀へと変える。

そしてそのまま一刀両断するのだった。

k10
k10

ただの刀とはまるで違いますね( ˘・з・)

もう一体の石像が、背後からミサイルを飛ばしてくる。

それに対してダルマ侍は刀だけではないと言って、ハンドガンサイズの銃を作り出す。

それでミサイルを撃墜するのだった。

そして最後に鎧を身にまとい、宙に浮く盾を従えて突撃していく。

金剛夜叉流「剣円ノ中(ケンエンノナカ)」

縦方向の回転切りで真っ二つにして見せた。

k10
k10

門番のホルダーを破壊しちゃってよかったんでしょうか(#゚,_ゝ゚)

俺もあんな風にできるのかと言う八丸に対して、達麻は説明する。

早太郎はまだただのホルダーで「キーホルダー」にはなっておらん

柄骨を渡しておらんからな

侍にとって真剣の柄となり、持っている限り早太郎はお前だけのキーホルダーとなる

そして早太郎の柄骨の手にし、修行に再び意気込んでサムライ8 八丸伝5話が終了。

>>サムライ8 八丸伝の全話あらすじはこちら

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ5話!まとめ

やっぱ若干進みが遅いような気もしますね。

今回は説明が割と多くを占めていました。

まとめるとこんな感じ

・ホルダーは皆?柄骨を持っており、それを侍が手にするとその侍のキーホルダーとなる

・キーホルダーは様々な形に変化し武器を作り出すことも可能

・柄骨は真剣即ち、侍魂の柄となる

後は、達麻が寝落ちするシーンがよくあるのですが、もしかしたら猫型ロボットになってしまった際の何かしらの制約なのかも知れませんね。

わかるのはまだ先でしょうが…

次回からは今度こそ修行に入っていきそうですね。

サムライ8 八丸伝6話に続きます。

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ4話<<

>>《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話

コメント