《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話感想考察!→7話

サムライ8 八丸伝 ネタバレ 6話 感想 考察 サムライ8 八丸伝
k10
k10

ついに修行が始まる!?

やっとの事でアジトにたどり着いた八丸と達麻は、修行モードへ。

それではサムライ8 八丸伝6話のネタバレや感想を見ていってくださいね!

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話!侍の心得 三身一体

体の中から鍵を取り出して、侍の心得である三身一体の説明を始める達麻。

鍵からは映像も写し出される。

達麻曰く、

侍は1人では強くなれない

キーホルダー

この3つが揃って初めて真の力を発揮できる

それを三身一体というのだという。

八丸は鍵を出し入れして遊んでいて、全然聞いていない。

シャア———!!

k10
k10

達麻のキレ方が完全に猫( ˙³˙)

落ち着いたところで理解が進む。

侍は鍵と呼ばれていて、自らの鍵をキーホルダーにつける。

するとキーホルダーがその侍を主人として見るようになる、つまり鍵侍とキーホルダーをつなぐ鎖となるのだと言う。

私それよりも重要なつながりが・・・

と言おうとした達麻は、八丸と早太郎を見て言葉を止める。

鎖何かには縛られない強いつながりが、2人にはもうあったのだ。

k10
k10

ずっと一緒でしたもんね( ̄∇ ̄)

姫についてはまだ出会ってはいないが、いずれ出会うことになるとのこと。

己の守るべき存在があって

初めて侍は強くあろうとする

それが侍の「勇」だ

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話!侍魂の本格修行

腹に宿りし自らの侍魂を取りだす八丸。

柄骨は形状変化装置になっており、2つを近づければ念じるだけで形を自由に変えれるのだと言う。

フニャ〜ン

しかしながら、侍魂はまっすぐ伸びる事はなくフニャっと折れ曲がってしまった。

k10
k10

とてつもなく弱そう( ͡°ʖ ͡°)

最初はそんなもん。

侍の体を得たからといって、本物の侍になれたわけではない。

そんな達麻の言葉にムスっとする。

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話!八丸の強さは誰がために

八丸に何のために強くなるのかと問うと、

父ちゃんに認められて、気兼ねなく外へ行けるようになるためと答える。

父親のことが引っかかる八丸が気にかかる様子の達麻。

何のために侍があるのか?

八丸もわかっているように、

その星の大切な「姫を守る」こと。

「…お前もいずれ…分かる時が来よう…」

重い感じで話す達麻に、自分はどうだったかと問うと、拙者のことはいいとかわされてしまう。

k10
k10

当然いろんなことがありそうですよね(・_・

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話!姫が登場

とある宇宙船にて、サ姫と呼ばれる年配の女性が笑う。

遠くの昔に侍と出会った時に似ており、それを思い出していたのだ。

「どうやらウチの若いのが無くした結晶で侍となったようだ」

 

場面は星に戻る。

「アン!!!どーすんの!?」

アンと呼ばれる少女は、見つけたロッカーボールを失くしてしまったのだった。

 

k10
k10

ということは彼女が姫ということですね

(´ー`)

 

「ロッカーボール=運命の侍様

なのわかってる!?」

「勝手に侍の儀式されて・・・」

「運命の侍様が変な奴になったらどーすんの?」

もう1人の女性はあきれた様子。

対照的にアンはそれほど気にしてはおらず

「わ、わ、私は範囲広いですから」

「私の話を最後まで聞いてくれる人なら大丈夫」

と言って笑う。

 

シーンは八丸たちへ。

姫とは星の地中深くにあるロッカーボールを見つけられる唯一の存在である。

それは侍を作り出すもの。

つまり姫とは星を守る戦力を作り出せる存在なのだという。

そして侍と姫は見えない力で必ず引き合う。

「侍と姫…その運命が2人の勇を作るのだ」

>>サムライ8 八丸伝の全話あらすじはこちら

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ6話!まとめ

今回のサムライ8は、説明メインの回でしたが、テンポは良かったですね。

これまでの流れなら姫が出てくるまでもっとかかりそうでしたが、1話のうちに出てきてくれましたね( ^ω^ )

まぁ出会うまで色々とありそうですが…

父親のこともありますし、八丸が宇宙に飛び出すのはまだまだ先になりそうですよね。

サムライ8 八丸伝7話に続きます。

《サムライ8 八丸伝》ネタバレ5話<<

>>《サムライ8 八丸伝》ネタバレ7話

コメント