《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話感想考察!→2話

トーキョー忍スクワッド ネタバレ 1話 感想 トーキョー忍スクワッド
k10
k10

ジャンプの新連載最後の1つw(゚o゚)w

令和最初の4つの新連載。

その最後を飾るのがトーキョー忍スクワッド。

そんなトーキョー忍スクワッド1話のネタバレをやって行きますよ〜

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!巻頭カラー

東京の街を見下ろす1人の男がいた。

『2049年』

『冴えない音を立てながら』

『罪深い街は犇めき合う』

『斯くして下される』

『報いの手が・・・』

『忍の業が』

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!逃げる少年追う男

夜の街でカーチェイスが繰り広げられていた。

「毎日毎日どーなってんだよこの国は」

「多文化主義なんて聞こえ良すぎ」

そう言って追う方の車をパンクさせる男が。

漏れ出したガソリンに、火のついたライターを投げ込み大爆発を起こさせる。

少年は間一髪のところで逃げ切るのだった。

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!トーキョーにおける忍とは?

2049年東京

この街は世界一の犯罪都市と成り下がっていた。

その原因となったのが20年前。

超グローバル化を目指し、日本とアメリカ、中国、ロシアをむすぶ、ハイパーループが開通した。

k10
k10

国と国と結んで大量の人が流れ込んできたってことですねヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

しかしそれが招いたのが、犯罪と暴力が蔓延する無法国家だったのだ。

その中裏社会では、身辺警護や隠密活動をなりわいとしてきた存在が認知され始めていた。

それが、『忍』

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!少年との再会

「仁おめ忍失格ね」

先ほど追ってつぶしていた主人公の仁にそう言うラーメン屋の店主。

k10
k10

忍にとっても詳しい( ˙³˙)

彼の言うには一般人の前で忍法を行う事はダメ。

k10
k10

仁は全く気にしてない様子(´-`)

 

プロ忍はスクワッドと言う特殊法人に属する

仕事の契約も何もそのスクワッド次第である

 

しかし仁のスクワッドは、権力者からあぶく銭を頂戴するためにやってるわけじゃねーと大手や政治家との契約は一切行っていなかった。

k10
k10

そのせいでお金はないですね( ´_ゝ`)

「สวัสดี ครับ」

「ぼくタイ人のエンさん」

先ほど助けた少年エンが100バーツを持って、再び助けを求めてやってきた。

彼は忍法帖を守るために忍を探していた。

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!不穏な動き

トーキョー1の風俗街となった新宿で、少年を追いかけていた男が仲間と話していた。

エンの持つ忍法帖は、忍法習得するために必要な修行法が書かれており、欲しいやつは腐るほどいると言う。

場所を特定し再び狙いを定めらのだった。

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!仁の仲間

エンの父は忍だった。

そんな父のようになりたいと、忍法帖を手放さなかった。

人を雇いたいがお金がないと言うエンに、ペプシ買うからさっきの100バーツくれよ、とそれだけで引き受ける仁。

k10
k10

仁にはお金とかそう言うものは全く関係ないんですね(=゚ω゚)

そして仲間の所へと言うことでホテルへ。

彼女はパピヨン。

今ホテル暮らしをしていた。

彼女は先程の男を特定する。

鉢屋シュリケン一煎

k10
k10

すごいごちゃごちゃした名前ですがいろんな国の人がいると言うことで普通と言うわけですね(´э`)

パピヨンがタイ語話せることに驚くエンだったが、忍は基本的にはマルチリンガルなのだと言う。

k10
k10

仁も23ヶ国語話せる∑(゚Д゚)

色々と言い合ったりもするが、修羅場をくぐりぬけてきた2人の絆が深いものだった。

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!エンの気持ち

1人シャワールームに入ったエン。

そこでぽろぽろと涙を流していた。

明るく振る舞って孤独と戦っている。

そんな彼を好きになってしまったと言う仁。

「お前はよく知ってんだろ」

「俺のダチに手ぇ出したらどうなるかよ」

仁はそう言って、普段と違うゾッとするような雰囲気を放っていた。

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!直接対決

その時既に周囲を囲まれていた。

そして窓を割って複数人が侵入してくる。

「忍法 磁界術」

「反発の右手」

磁力の反発力を利用して退ける。

「吸引の左手」

「雷撃」

周囲のものもまとめて引き寄せ、一撃で撃退する。

—忍法 磁界術—

磁場の制御をする汎用性の高い術

習得にはおよそ5年必要

 

モブを相手にするうちにエンが連れ去られてしまう。

バキッ

そのエンをシュリケンが殴りつける。

そして忍法帖の在処を吐けと脅す。

そんな時、彼らの仲間であり忍法使うことができるシーナがボロボロの状態で出てくるのだった。

「ワタシたちは……相手を選ぶべきだった」

そして中から出てきた仁に、腕に覚えのあるはずのもう1人の男がなすすべなくやられた。

鳴海仁

弱冠17歳にして独立した天才

彼の率いる「鳴海會」は仁義を重んじる少数精鋭のスクワッドだった

その正体に気づいたシュリケンは自らの忍法を発動する。

「忍法 鐵叉術」

血液から鉄を生成する

習得期間はおよそ一年

修行過程で多くの人間が死ぬ

それを見て逃げようと誘うエン。

しかしそれを拒否し、大切なものがあると言う仁

「どんなに怖くて逃げ出したくても、自分の仲間を守るってこと」

鐵叉術 鉄拳磨穿

腕に巨大な鉄の塊を出現させ殴りつける。

それは余裕で避けて、仁は力を集中させる。

「俺のダチィ泣かしてんじゃねぇよ!」

波動砲

シュリケンを吹き飛ばすのだった。

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話!新たな仲間

戦いが終わった頃パピヨンが中から出てくる。

サツが来る前に立ち去ろうってことで、チェックアウトしてきたのだった。

2人に感謝するエン。

その側に忍法帖を落としていた。

—記憶術—

彼はこの術を少しは習得していた。

エンはいずれ…確実に死ぬ…!

それを聞いてそう悟る仁。

そして、

「この国で生き抜くには団結したチームが必要なんだ」

「エン…俺の仲間になれ」

そう言ってエンを引き入れる仁。

そうしてエンは鳴海會の新たな一員となるのだった。

>>《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ全話

《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ1話 まとめ

近未来の変わってしまったトーキョーを生きる忍の物語ですね。

実はギャグマンガじゃないかとか思ってたんですがそうじゃないようです。

誰とは言わないですが今も生きてる有名人がそのまま出たりして、ちょっと危ないかなって気もする部分ありますが、僕は好きですね。

設定も少し雑な感じもしますが、面白くなるかはここからだと思います。

第1話としてはよくまとまってると思うので次回に期待ですね。

>>《トーキョー忍スクワッド》ネタバレ2話

コメント